•  

    MAKIKO TOMITA

    Cellist, playing the Baroque and modern cellos with plain gut strings.

  • MAKIKO TOMITA

    Cellist, playing the Baroque and modern cellos with plain gut strings.

    富田牧子 チェロ奏者  プロフィール

    幼少時よりヴァイオリンを学び、 中学2年の夏(13歳)チェロを始め、東京芸術大学附属音楽高校に進む。高校3年生の夏、草津音楽アカデミーでヤーノシュ・シュタルケル氏のマスタークラスを受講し、音楽と技術の言葉による明晰なつながりと、言葉を超える理解に触れ感銘を受ける。東京芸術大学在学中にリサイタルを行い、演奏活動を始める。室内楽の魅力に夢中になり、主にピアノとのデュオや弦楽四重奏に熱心に取り組み、古典やロマン派のレパートリーを学ぶ。
    ハーヴィ・シャピロ氏に、オーストリアやスイスにおけるマスターコース、ニューヨークでのプライベートレッスンを受ける。ソロや室内楽でフランス、イタリア、オーストリア、ドイツの音楽祭や講習会に参加。
    ローベルト・シューマンの歌曲における詩の内容とピアノパートの関係、室内楽作品に触れながら「シューマンの詩的な音楽」の論文を書き、修士演奏はシューマンのコンチェルト(ピアノ伴奏)などを演奏し、大学院修士課程を修了。
    2000年から2年間ハンガリー・ブダペストのリスト音楽院にパートタイムの学生として留学、バルトーク弦楽四重奏団チェロ奏者ラースロー・メズー氏に師事。演奏技術の基礎を学び直す。バルトーク弦楽四重奏団やM.ペレーニ氏の演奏会、オペラや美術館に通い、ハンガリーの歴史や文化、民俗音楽への興味を持ち、鉄道とバスを使って地方へ出かけた。留学中は日本に戻らず、夏休みにはイタリアや南フランスの講習会に参加、教会や美術館めぐりもする。イタリア・シエナでは石造りの建物での弦楽器の美しい響きに開眼する。
    弦楽四重奏団のメンバーとして、NHK-FM「名曲リサイタル」、ORF(オーストリア放送)の公開録音に出演。
    帰国後、オーケストラや室内楽、自主企画の演奏活動を開始。2005年に東京オペラシティリサイタルホール、2006年にハクジュホール、2010年に東京オペラシティリサイタルホールにてソロリサイタルを開催(マネジメント:アレグロミュージック )。
    2006年から2012年まで常設の弦楽四重奏団メンバーとして活動(古典派のハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シェーンベルクやウェーベルンなど20世紀初頭の新ウィーン楽派をレパートリーとする)。その後、プレーンガット弦をバロックと現代の楽器に張り、時代に合った奏法を学び始め、新たに演奏技術を見直し、今なお探求中。

    2019年、東京オペラシティ内の近江楽堂にて「ガット弦の魅力~無伴奏チェロ作品の変遷」と題して、バロックから現代(同世代の作曲家への委嘱も含む)までの作品を組み合わせた無伴奏リサイタルシリーズを開始。
    コンサートホール以外にも場を広げ、ピアノ、チェンバロ、オルガン、ギター、パーカッション、他の弦楽器など様々な演奏者との組み合わせで「充実した内容の音楽を間近で味わうコンサート」の企画・制作・演奏を続けている。
    2017年、パーカッションとのデュオ《羊とヤギ》で、自主企画による初CD「O Terra(大地よ)」を発売。

    身体と演奏の繋がりを探り、「耳を澄まして、楽器の音を引き出す」レッスンや、倍音を聴きながら調和する弦楽アンサンブルワークショップも行っている。

    Makiko began taking violin lessons at age 5, and at age 13 she switched to cello. She held her first cello recital in Tokyo while she was a student of Tokyo University of Arts, and thus she began her career as
    a chamber musician. With keen interest in string quartets she has participated in music festivals and master classes overseas such as Italy, France, Germany and Austria, as well as in Japan. With a Master of Music degree from Tokyo University of Arts, she was enrolled in the Franz Liszt Academy of Music in Budapest and studied under Prof. László Mező, the cellist of the Bartók String Quartet.
    Ever since, for more than 14 years, she has been active in solo recitals and also managing and performing, in collaboration with various instrumentalists, in a production entitled "The Concert where You Can Taste the Richness of Chamber Music". Currently Ms. Tomita is working to understand music and her instrument at a deeper level, by using Baroque and Modern cellos with gut strings and the most relevant performing style for each era. She feels called to promote the delight of chamber music and a tonality that speaks to body, mind and soul.
    She released her first album "O Terra" by the duo PECORA E CAPRA with a percussionist, Kosmas Kapitza in January 2017.

  • 演奏会情報

    詳細はブログをご覧ください

    2021年6月5日(土)

    おはなしコンサート ”イタリア!イタリア!” その1
    17、18 世紀バロック時代の音楽 ~チェロの誕生

    共演:原田靖子(ポジティフオルガン)
    11:00/13:15/15:15
    [開場は各回15分前]
    【場所】松本市音楽文化ホール第3練習室
    【料金】各回限定15名 一般2500円/小中学生500円/高校大学生1000円 未就学児無料(5名まで)
    【主催・予約・問合せ】MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(恐れ入りますが☆を@にタイプし直してください) 

    詳細はこちらをご覧ください

    2021年11月26日(金)

    高橋弘治 富田牧子 バロックチェロ デュオコンサート

    ”フランスの系譜”

    15:15開演[15:00開場]/19:00開演[18:45開場]
    【場所】近江楽堂(東京オペラシティ3階)
    ~17、18世紀パリを舞台に活躍した音楽家の作品を集めて~
    F.クープラン、J.B.ボワモルティエ、J.B.バリエール、
    S.ランツェッティ、L.ボッケリーニ など
    【チケット】一般前売¥4000[当日¥4500]/ 学生¥2500 9月1日発売開始
    【予約・お問合せ】☎︎03-6317-8916 ベアータ
    【主催・予約・問合せ】MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(恐れ入りますが☆を@にタイプし直してください)
     

  • レッスン ワークショップ

    チェロとアンサンブルのレッスン 

    〜耳を澄まして、楽器の音を引き出す

    ☆チェロの個人レッスン☆
     初心者から様々なレベルの経験者まで、よい音で豊かな音楽をしていきたい方のためのレッスンです。基礎を大切に、耳を開いて、よく音を聴きながら演奏技術を磨いていきます。力任せに弾いても楽器は言うことをきいてくれません。その楽器が本来持っている音色を存分に引き出すためには、からだの緊張を取り、効率的に力を使う必要があります。それぞれの身体条件や音楽性に合った奏法を主体的に探していただくことにより、末永くチェロの演奏を楽しんでいただきたいと願っています。お気軽にご相談ください。
     
    1レッスン 60分 8000円(+会場代実費)
    場所:

    東京都府中市(個人レッスン、弦楽器の二重奏レッスン[会場費は必要無し])

    長野県上水内郡信濃町(個人レッスン[会場費は必要無し])

    京都市北区(個人レッスン、アンサンブルレッスン[会場費は必要無し])
    ベルーガオルガン練習室(横浜市・関内駅3分)

    ベアータオルガン練習室(新宿区・江戸川橋駅5分)

    ☆アンサンブルのレッスン☆
     弦楽器の二重奏、三重奏、四重奏、また弦楽器とピアノのデュオなど、すでに自分たちでアンサンブルをしている人たちのためのレッスンです。コンサートの前(直前ではなく、2~1か月前がおすすめ)にアドヴァイスが欲しい、という方はもちろん、基礎を学び直してアンサンブルのレベルを底上げしたい、というグループも大歓迎です。
     倍音を聴いて楽器を共鳴させ、お互いの音を調和することが基本です。自分と相手の音をよく聴き、音に身体が反応するようになると、アンサンブルの質は格段にアップします。ベートーヴェン、ブラームスなど古典派~ロマン派の作品はもちろん、バロックから現代のレパートリ―まで、常にピリオド奏法の視点を持ちながら、生き生きしたアンサンブルを楽しめるよう、音作り、音楽作りのお手伝いをします。例えば、音楽大学でピアノと弦楽器のためのソナタを学んでも、「対等な二つの楽器でコミュニケーションをする」というデュオの観点からのレッスンにはならず、ピアニストは伴奏者になってしまうことが多々あります。二人でどのように音楽を作っていけばいいのか、楽譜をどうやって読むか、など、ご一緒に考え、色々試して、音にしていきましょう。

     1レッスン 90分16000円(+会場代別)が基本です。
    *レッスン時間と会場は内容によりご相談。ふだんお使いの練習場所に伺うこともできます。
    *小さな子どもさん、学生さん、状況に合わせてレッスン時間と料金ご相談に応じます。

    お問い合わせ:MA(エムエー)企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp (☆を@にタイプし直してください)

  • CD

    《羊とヤギ》「大地よ」
    富田牧子(チェロ)、コスマス・カピッツァ(パーカッション)

    PECORA E CAPRA-Cello & Percussion Duo
    "O Terra"  
    Makiko Tomita Kida,cello & Kosmas Kapitza, percussion
    Year of release: 2017
    Recording: caprifono (Shinichi Kida)
    Design: Kazusada Mukai 向井一貞

    Photo: Shinichi Kida 木田新一
    2017年1月20日発売 2800円(税別)
    内容詳細はこちら
     

    収録曲目
    バルトーク・ベーラ:農民の歌(「10のやさしいピアノ小品」より) *
     Bartók Béla (1881–1945): Peasant’s Song from “Ten Easy Piano Pieces BB51 (1908)” *
    バルトーク: ルーマニア民俗舞曲 
     Bartók Béla: Romanian Folk Dances BB68
    パーカッションのプロローグ *

    ~ブルガリアの踊り“ブチミス” 
     Ütős prologue *-Bucimis, Bulgarian Folk Dance
    バルトーク:ブルガリアのリズム(「ミクロコスモス」より)
     Bartók Béla: Bulgarian Rhythm from “Microcosmos BB105”
    コダーイ・ゾルターン:無伴奏チェロソナタ作品8より 第1楽章 
     Kodály Zoltán (1882–1967): Sonata for cello solo Op.8 (1915) - 1st movement
    太鼓の即興(コンガ&ジャンベ)
     Ütős improvisation [Conga & Djembe solo]
    リゲティ・ジェルジュ:無伴奏チェロソナタ
     Ligeti György (1923–2006): Sonata for cello solo (1948/53)
    ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:おお、エクレシアよ *
     Hildegard von Bingen (1098–1179): O Ecclesia *
    バルトーク:農民の歌(「10のやさしいピアノ小品」より) 
     Bartók Béla : Paraszti Nóta / Peasant’s Song

    *多重録音 * over dubbing

  • Contact

    MA企画

    レッスンや演奏のご依頼など、MA企画へお問い合わせください

    プロフィール写真などスチール写真の撮影のご依頼もこちらへどうぞ

    Photo by Shinichi Kida